てらしま外科・内科クリニック 新潟市中央区万代メディアシップ

新潟市中央区万代メディアシップ(新潟日報)内にある「てらしま外科・内科クリニック」では、胃と大腸の苦痛の少ない内視鏡検査を目指しています。

苦痛の少ない内視鏡検査を目指しています。

各種検査

  • 経鼻内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • X線検査
  • 心電図
  • 腹部超音波検査
  • 腹部超音波検査

経鼻内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)検査の特徴

上部消化管とは食道・胃・十二指腸を指し、これらの部位を一連の検査で観察します。昔から「胃カメラ」と言われてきたものです。
口から入れる胃カメラでは、舌の根元に内視鏡が触れるため「オエッ」という咽頭反射が起きて吐き気を催すことが多くなります。そのため、「胃カメラは苦しい」というイメージが定着してしまいました。
しかし経鼻内視鏡=「鼻から入れる胃カメラ」では、内視鏡が舌の根元に触れることなく消化器に到達するため、ほとんど吐き気を催すことなく検査を受けることができます。また、検査を受けながら医師と会話することができるため、モニターを見ながら質問できるなどリラックスして検査を受けることが可能です。

経鼻内視鏡検査の流れ

ページの上へ

各種検査

経鼻内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)検査の特徴

経鼻内視鏡検査の流れ

ページの上へ

各種検査

  • 経鼻内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • X線検査
  • 心電図
  • 腹部超音波検査

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査の特徴

大腸内視鏡検査では、大腸(結腸と直腸)と小腸の一部を観察するために肛門から内視鏡を挿入し、これらの部位に発生したポリープや癌、炎症などを診断します。組織の一部をとって調べたり(生検)、病変を内視鏡的に切除(ポリペクトミー)することもできます。

大腸内視鏡検査の流れ

ページの上へ